• トップ /
  • 葬儀での身だしなみと持ち物とは

LINEで送る

葬儀で気をつけるべき注意点

葬儀には色々な決まりがありますが、身だしなみや持ち物で注意すべきことは亡くなった方やご遺族の気持ちに寄り添うことで想像できるようなことばかりです。万一何か失敗があったとしても、お悔やみの気持ちが強く伝われば不快な思いをさせることはないでしょう。まずは遺族に対する思いやりや、自分がその立場になったらどう思うかということを考える想像力が必要です。その上で、葬儀に参列する際の身だしなみですが、喪服を着用します。靴下やストッキングも黒。ネクタイも黒。靴はツヤなしの黒。指輪は結婚指輪のみ。その他のアクセサリーでは、パールの1連ネックレスとイヤリングはつけて良いとされています。2連のネックレスは不幸が重なることを意味するのでNGです。また、主役は自分ではなく亡くなった方なので、香水も控え、化粧も身だしなみ程度で口紅やチークなどの色は目立たない色にします。ヘアスタイルも特別な装飾は控えましょう。どうしてもつけたい場合は、黒のツヤなしをつけます。もし明るい色に髪を染めているのであれば、タイトにまとめて目立ちにくくする気遣いがあると良いでしょう。葬儀ではあまり大きな荷物を斎場の中に持ち込むことはありません。実際に必要な持ち物は仏教の場合は数珠だけです。ハンカチは普段使用している色柄物は避け、白か黒の礼装用ハンカチを使います。傘も黒やグレーの地味なものにします。香典は袱紗(ふくさ)に包んで持参しますが、袱紗の色も慶事とは違い、紫、藍色、グレーなどの弔事用の色のものを使います。こまごまとした持ち物を入れるバッグは布製が正式ですが、革の場合も黒で金具のついていないものを選びましょう。

 

↑PAGE TOP