LINEで送る

最低限の葬儀のマナー

冠婚葬祭におけるマナーは少し間違えるだけで失礼にあたる場合もあるため、きちんと理解しておくことが必要です。特にお悔みの場である葬儀に関しては、精神的な落ち込みから過敏に反応してしまう人もいるため最低限のマナーというものはきちんと守りましょう。最も形で現れるマナーは身だしなみです。葬儀においては薄化粧に喪服というのが基本です。なぜこれが基本なのかというと、亡くなった知らせを受けて急いで駆け付けたという姿勢を見せる必要があるからです。そのためきっちりとメイクをしたり、派手は服装で行くのだけはやめましょう。

 

葬儀の方法も様々です

皆さんは葬儀を行う意味をご存知ですか。親しい方が亡くなるのは悲しい事ですが、故人とのお別れをきちんと行う事で遺族が悲しみを乗り越える為にも、重要な役割を果たします。最近では故人の意向に沿った、お通夜や告別式を行う事ができます。たとえば、故人が好きだった音楽を流しながら葬儀全般が執り行われたり、海や山に散骨するといった葬送方法もあり人気上昇中です。時代の変化と共に葬送方法のあり方も、変わってきています。

↑PAGE TOP