• トップ /
  • 葬儀の身だしなみとアクセサリー

LINEで送る

葬儀に参列する際の身だしなみ

葬儀に参列する際、単に喪服を着ているだけでは不十分なことがあります。その場に失礼にならないように、身だしなみの点で守らなければならないことがいくつかあるのです。まず、持っていく小物類は基本的に黒にします。靴、鞄などは本来布製の物が正式ですが、他の素材で代用するならば、光沢のないシンプルなタイプの物を選ぶようにしてください。エナメルや爬虫類の革は避けるようにします。ハンカチも、派手な色柄ではなく黒か白のものを持つようにします。ロングヘアにしてる人は、きちんと髪をまとめます。リボンやゴム、シュシュなどを使う場合も、黒の地味なものを使用するようにしましょう。メイクも控えめにします。アクセサリーについてはどうでしょうか。葬儀の場合、結婚指輪以外のアクセサリーは外すほうが良いといわれていますが、他に何か着けるとすれば、一連のネックレスにします。真珠のネックレスが一般的ですが、オニキスやジェットなど黒い石の物をつけることもできます。身だしなみは心を表すものでもあります。葬儀に参列する場合、遺族や故人に向けての敬意や悲しみの心を表すために、身だしなみやアクセサリーの使用は、マナーに則ったものにするようにしましょう。

 

↑PAGE TOP