• トップ

LINEで送る

葬儀で気を付けたい服装

葬儀に参列する際にはマナーを守った失礼のない身だしなみをする必要があります。服装は基本的に黒一色とし、光沢のない落ち着いたものを選びましょう。葬儀の服装はブラックフォーマルがおすすめです。身だしなみに失礼があるとご遺族に不快な思いをさせてしまいます。服装でも小物でも派手なデザインや爬虫類の素材のものは避けましょう。アクセサリーは真珠が定番です。不幸を重ねないという意味から、2連ではなく一連のものにしましょう。真珠以外のアクセサリーは原則NGと考えた方が良く、時計であっても金色などの目立つものは外した方が良いでしょう。つばの広い帽子や派手な手袋はNGです。落ち着いたものならばレース付でも大丈夫です。香水は避け、メイクは派手にならないように注意しましょう。ナチュラルメイクを心がけ、アイメイクも控えめにしたいものです。ヘアメイクにも配慮が必要です。長い髪のままご焼香をすると邪魔になる事があります。ロングヘアなら一つに束ねるかアップにしましょう。ショートヘアでも鬱陶しくならないようにヘアピンなどですっきりと見せましょう。葬儀に参列する際には出しゃばらず控えめな服装を心がけ、自分の身だしなみで周りの人に不愉快な思いをさせないように心がけましょう。

 

↑PAGE TOP